山口高等学校同窓会HomePage [ 事務局だより ]
 
事務局だより
トップページへ

平成30年4月2日(月)
 年度末の人事異動で原透校長(82期)がご退職になり、新たに栗林正和校長をお迎えした。また、藤本茂副校長(86期)は下関商業高校に校長として赴任することとなり、杉原宏之副校長をお迎えした。
 事務局においては山川浩(88期)が書記を退任し、代わって市原都子(86期)が書記を務めることとなった。そのほかは事務局長は岩尾健一(93期)、書記は富家昌子(93期)、古谷くるみ(82期)が引き続き務めることとなり、今年度もあわせて四人で事務局を運営することになった。
本年度は以下の体制で事務局の運営にあたります。よろしくお願い申し上げます。

【同窓会事務局】
事務局長 : 岩尾 健一(93期)
書記    : 市原 都子(86期)
         富家 昌子(93期)
         古谷くるみ(82期)




平成30年3月29日(木)
 17時から本校校長室において平成29年度同窓会総会準備委員会(91期)の方々による記念品贈呈式が行われた。これは同窓会総会の当番期の方々が、総会決算後の剰余金で物品を購入し、本校に寄贈していただいているもので、恒例となっているものである。今年も厳しい予算状況の中、当番期の方々のご努力によって貴重な記念品を御寄贈いただいた。
 準備委員会からは開作真人委員長の他、河村利夫副委員長、秋川正副委員長、鈴木徹行会計部会長が出席され、本校からは高原透校長(82期)、吉地宏明教頭、松田幸治事務長、事務局からは岩尾健一事務局長(93期)、が出席した。贈呈式では開作委員長から高原校長に目録が贈呈され、高原校長が謝辞を述べた。贈呈された物品は以下の通りである。

  • ロレ社製オーボエ 一本
  • サイエンスホール設置 ネットワークカメラ  一式

 全国的に活躍している管弦楽部には貴重な楽器のプレゼントとなったものと思われる。またネットワークカメラは新しい特別教室棟のサイエンスホールとサイエンスルームをリアルに中継し、2会場で同じ講演会などを聴講できるもので、今後の授業や集会などで大いに活用が期待されるものである。





平成30年3月16日(金)
 この日は周南市のホテルサンルートで平成30年周南地区山中・山高同窓会定時総会が行われた。本部からは二井関成会長(67期)、岩尾健一事務局長(93期)が出席した。山口高校からは原透校長(82期)が出席した。山根弘道幹事長(72期)の進行で会は進められた。物故者への黙祷に続いて、梶田富三周南地区山中・同窓会会長(60期)の挨拶があり、山根幹事長による事務報告が続いた。事務報告では新たに西村友佑さん(115期)が幹事となることが承認された。その後懇親会に移り、まず原校長が学校における生徒たちの最近の活躍の様子を報告された。その後、二井会長が挨拶をされた。続いて、周南地区の副会長もつとめる橋本憲二副会長(72期)の音頭で乾杯をした。会は59期から115期まで幅広く、30名を超える参加者がお互いの近況などを話し、大いに盛り上がった。会の最後に宮川和也平成30年度同窓会総会準備委員長(92期)をはじめとする当番期の方々が中心になり、山口高校校歌と応援歌「熱球」を全員で歌い、最後に信田宏周南地区副会長(67期)の音頭で万歳三唱をして会を閉じた。





平成30年3月9日(金)
 この日は宇部市のANAクラウンプラザホテルで平成30年宇部鴻峰会総会が行われた。本部からは二井関成会長(67期)、岩尾健一事務局長(93期)が出席した。山口高校からは原透校長(82期)が出席した(校長は校務のため、遅れての参加となった)。唐松一郎幹事長(83期)の進行で会は進められた。物故者への黙祷に続いて、光井一彦宇部鴻峰会支部長(66期)の挨拶があり、その後二井会長が挨拶をされた。来賓の祝辞では当日所用で欠席となった河村建夫衆議院議員の代理で秘書を務める中本喜弘美祢鴻峰会支部長(88期)が祝辞を代読された。出席者は52期から118期まで幅広く50名近くの参加で盛り上がった。最後に宮川和也平成30年度同窓会総会準備委員長(92期)をはじめとする当番期の方々が壇上にあがり、山口高校校歌と応援歌「熱球」を全員で歌って会を閉じた。





平成30年2月28日(水)
 この日の10時30分から本校体育館において、平成29年度山口高等学校同窓会入会式が行われた。
 同窓会役員として二井関成同窓会長(67期)、末永汎本副会長(64期)が出席した。学校関係者として原透校長(82期)、藤本茂副校長(86期)、吉地宏明全日制教頭、熊原靖夫徳佐分校教頭が、事務局からは岩尾健一事務局長(93期)、山川浩書記(88期)、富家昌子書記(93期)、古谷くるみ書記(82期)が出席した。
 参加生徒は本校全日制普通科・理数科318名(124期)、徳佐分校16名(8期)であった。
 会長からは自らの思い出を交えた同窓会の意義や役割についての紹介と、座右の銘をもつことなど卒業生の門出を祝う挨拶があり、続いて同窓会からの記念品として文鎮の贈呈を行った。卒業生を代表して本校全日制普通科の田屋内潤人君が文鎮を受け取った。(他に賞状用の筒も卒業式当日に贈呈しています。)
 式の後で、岩尾事務局長より同窓会総会及び各支部の紹介などが行われた。そして新たに同窓生となる卒業生たちに同窓会への積極的な参加を呼びかけた。





平成30年1月26日(金)
 この日は山口市のプラザホテル寿において平成30年度山高同窓会役員懇親会が行われた。進行は岩尾健一事務局長(93期)が担当した。はじめに二井関成会長(67期)から挨拶があり、山高創設150周年の記念事業についての説明があった。

  • 記念誌の発行について協力するとともに、無償で配布するものについては同窓会で負担し、また同窓会として有料配付についても案内をしていく。
  • 学校施設の充実については学校側の要望を受けて検討する。
  • 事務局について、適当な場所があれば現在学校に設置している事務局と準備委員会の事務局を一本化する方向で整理していきたい。

 その後、原透校長(82期)からは直近の学校の様子として、本校理数科の発表が高く評価され学校賞を受賞するとともにピッツバーグで開催される世界大会で発表することを紹介された。事務局からの報告では母校支援積立金の使用について報告(東大キャンパスツアーに30万円)とともに今年度の卒業予定の生徒数(全日制319名、定時制10名、通信制約130名、徳佐分校16名、計約475名)が紹介された。また、平成30年度総会準備委員会より宮川和也実行委員長(92期)をはじめ末永久大副委員長(92期)、田中典康副委員長(92期)、井上智総務部会長(92期)、柴崎泰レセプション部会長(92期)により30年度の総会について実施のご挨拶とご協力のお願いがあった。その後懇親会へと移った。今回は39名と、例年より多くの参加者をえて大変盛況な会となった。

 


| TOP | 同窓会役員名簿 | 支部一覧 | 支部だより | 事務局だより | 山高音楽室 |
| 掲示板 | 山口高校のおいたち | 寄稿文 | 今、母校では | 準備委員会事務局 |

山口県立山口高等学校同窓会事務局
〒753-8508 山口県山口市糸米1-9-1
Tel:083-922-8511 Fax:083-922-0503 URL http://www.yamako.gr.jp
このサイトに関するお問合せは→info@ynet.gr.jpまで