山口高等学校同窓会HomePage [ 事務局だより ]
 
事務局だより
トップページへ

平成30年8月14日(火)
 この日の16時30分から山口高校内の平和の母子像前で動員学徒犠牲者追悼式が行われた。同窓会からは末永汎本同窓会副会長(64期)、岩尾健一事務局長(93期)、古谷くるみ事務局書記(82期)、山口高校からは栗林正和校長が出席した。約30名の方々が参加された。酷暑の折り式典そのものは記念館の中で実施された。同期生を代表して伊藤さんが、そして末永副会長、栗林校長が挨拶をした。校長の挨拶では以下のような追悼の言葉がささげられた。
「突然、しかも終戦の前日、将来を奪われた若者たちの無念は計り知れません。そして、戦争の悲惨さと冷酷さを感じずにはいられません。ここに慎んで、犠牲になられた方々の御霊のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、遺された皆様に心より哀悼の意を表する次第です。
 時が移ろい今、こうして平和な世の中で、53期・54期生の皆様とともに、後輩に当たる同窓生、現在の生徒、教職員らがこの追悼式に集っております。私たちは、恒久の平和と人々の幸福を希求するとともに、このような深い悲しみの歴史があったことを決して忘れることなく、後の世代に語り継いでいくことこそ、今を生きる私たちの責務であると信じております。
私たちは、今ここで戦禍の犠牲となられた方々の母校への思いを深く心に刻み、平和のありがたさをかみしめ、文武に努力するとともに、「山高」のさらなる発展のために今後とも全力を尽くすことをお誓いしたいと思います。」【一部抜粋】
追悼の言葉の後、山口中学校及び山口高校の校歌を斉唱し、動員学徒の歌を全員で歌った。その後、平和の母子像の前に移動し、全員で終戦直前に犠牲になられた同窓生のご冥福を祈り黙祷を捧げた。最後に、一人ずつ母子像の前に献花を行い、平和への思いを新たにした。

 


| TOP | 同窓会役員名簿 | 支部一覧 | 支部だより | 事務局だより | 山高音楽室 |
| 掲示板 | 山口高校のおいたち | 寄稿文 | 今、母校では | 準備委員会事務局 |

山口県立山口高等学校同窓会事務局
〒753-8508 山口県山口市糸米1-9-1
Tel:083-922-8511 Fax:083-922-0503 URL http://www.yamako.gr.jp
このサイトに関するお問合せは→info@ynet.gr.jpまで